ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文になります。

お知らせ 終了

【受付終了しました。】ARAI RX-7X IOM-TT22

2022年04月20日~2022年05月20日

2年ぶりの復活!限定マン島モデル!

iom2022.PNG

【予約受注期間】2022年4月20日~5月20日
【発売予定日】2022年8月頃
【商品名】RX-7X IOM-TT22
【サイズラインナップ】S (55-56cm) / M (57-58cm) / L (59-60cm) / XL (61-62cm) ※XS (54cm)をご希望の場合はSサイズを内装調整にてご対応いたします。
【メーカー希望小売価格】77,000円(税込)

【ご注文方法】
店頭にて専用オーダーシートに名前、住所、電話番号を記入していただき、記入後にサイズ計測を行います。計測結果を基にRX-7Xをご試着いただきサイズを選定します。尚、ご購入対象者は従来モデル同様に日本在住のお客様に限らせていただくため身分証明書のご提示をお願いする場合がございます。

【お願い】
本商品は予約販売限定モデルです。店頭には並ばないためご予約をされない場合はご購入できません。生産数が非常に少ないためお一人様2点までの受注とさせていただきます。転売目的の方への受注はお断りしております。

アライヘルメット ウェブサイトはこちら

株式会社アライヘルメット ARAI HELMET, LTD
(本  社)さいたま市大宮区東町2-12
(南台工場)さいたま市見沼区片柳182-4
(片柳工場)さいたま市見沼区染谷3-563

【安全最優先】
現実の衝撃に対処するために何をしたらいいのか、全てを解決できる回答はありません。 それだけに、できることを一つ一つ探りあてながら、追求する姿勢を持ち続けること。アライは創業者以来、オーナーがライダーであり、ライダーの心を知っています。オートバイは、リスクをコントロールすることに挑戦することを楽しみとする趣味です。だからこそ、プロテクションの後退を許すことはできません。

【ぶれない新井】
アライの創始者は、オートバイ愛好者で自分の頭を護るために、日本で最初にヘルメットを作りました。当然、当時はヘルメットの安全規格はなく、ライダーの頭を護るにはどうすればいいか、自分で考え、FRP帽体と発泡スチロールの組み合わせという乗車用ヘルメットの原型を作り上げました。以来、ヘルメット規格を満たすことに加え、さらに頭を護る可能性を高めるために、コツコツと違いを積み上げ続けてきたのがアライの歴史です。
そんなMADE IN JAPANの商品を提案してまいります。

※下記の『IOM-TT22』の全体を映した動画は海外での名称『RX-7V EVO』となっておりますが日本国内は『RX-7X』の名称で販売されます。名称の違いのみで仕様、グラフィック等に変更はございません。

過去のインフォメーション

インフォメーショントップ

埼玉店へのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

ページの終わりになります。