ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文になります。

おすすめ情報

"本物の"MotoGPマシーンや8耐マシーンを実際に東雲で観る事ができます!!

YAMAHA第2弾文面TOP.jpg

本物"の車輌を観ていただきたい!第二弾!!

今度は遂にあのゼッケン≪46≫番のマシーン!

それも2005年MotoGP第8戦アメリカGPで走行した伝説のUSインターカラー:イエロー&ブラック ストロボ限定仕様車輌です!

テレビで見てた方も多いのでは? *タミヤのプラモデルにもなってますよね!

その実物の車輌を東雲店で見る事ができます!

YAMAHA第2弾文面①.jpg

伝説のカラーをまとって !2004年、二輪ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスの王座に返り咲いたヤマハ。翌05年、チャンピオンマシンYZR-M1はフルモデルチェンジといえるほどの改良が施されました。カウルやタンクの形状変更をはじめ、エンジンはよりコンパクト・高出力化、フレームは剛性バランスが最適化されるなど全面新設計。いっそうのパフォーマンスアップを実現し、創立50周年の節目の年にライダー、チーム、コンストラクターの3冠をもたらしたのです。特に第8戦のアメリカGPには二輪レース界を席巻した往年のカラー、USインターカラーと呼ばれるイエロー&ブラックストロボに身を包んだ限定仕様で参戦しました。

また、もう一台!
日本ではMotoGPに匹敵する程の人気レース【鈴鹿8時間耐久レース】

2015年で優勝を獲得した≪YZF-R1≫も同時に展示しております!

YAMAHA第2弾文面②.jpg

新型クロスプレーン型クランクシャフトを備えた新設計の998cm3水冷・直列4気筒・エンジンを搭載、1998年の初代モデルから8代目となる「YZF-R1/YZF-R1M」は"High tech armed Pure Sport"のコンセプトのもと、MotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を体感できるスーパースポーツのフラッグシップモデルとして開発。
2015年鈴鹿8hでは、2002年以来となるファクトリーチーム「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が復活。現役MotoGPライダーのエスパルガロ、スミス、そして全日本で3連覇中の中須賀が、この前年に発売された新型「YZF-R1」で、19年ぶり5回目の優勝を獲得しました。

YAMAHA第2弾⑧.jpg

この3台とも「レプリカ?」 とんでもございません!全車とも本当に使用 されていた"本物"の車輌です!

期間限定にて展示しておりますので、ぜひ、 観に来ていただけますようお願い申し上げます。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

過去のインフォメーション

インフォメーショントップ

TOKYO BAY 東雲店へのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

ページの終わりになります。