ページ内を移動するためのリンクです

車検

ライコランドグループはすべて国土交通省から認可を受けた認証工場です。
プロの確実な整備と丁寧な説明により、安心な車検整備をご提供いたします。

ライコランドグループのお得な車検

最大7,000円割引!豊富な特典!

早期割引!最大3,000円!
(車検満了日3ヶ月前から早期予約受付中)
新車割引!2,000円!
(初回車検で走行距離1万Km未満のバイクが対象です)
リピート割引!2,000円!
(2回目以降車検お申し付けで承ります)

商品購入特典10%OFF!

(商品を車検時にご用命にて当店通常価格より割引します)

(純正商品等一部商品は除きます)


  • お見積り無料!
  • 電話予約OK!
  • WAX施工してお渡し!
    (一部店舗は除きます)
  • 引取り・納車ご相談下さい
    (距離による有料サービスです)
  • オリジナル車検証入れプレゼント!
    (一部、取扱いのない店舗もございます)
  • 代車ご用意できます!
    (一部店舗に限らせていただきます)

メニュー・価格表

メニュー

基本メニュー(柏店・埼玉店・東京多摩ベース除く)

東雲店限定メニュー

価格表

ライコランド柏店・埼玉店・東京多摩ベースの価格表はこちら

国産車

2017年4月現在

  基本メニュー(柏店・埼玉店・東京多摩ベース除く) 東雲店限定コース
  エココース 基本コース 安心コース ゴールドコース プラチナコース
【1】基本整備料国産車(税込)
(1)+(2)
¥28,760 ¥30,760 ¥35,760 ¥90,980 ¥144,980
(1)点検整備費用 ¥17,960 ¥19,960 ¥24,960 ¥80,180 ¥134,180
(2)代行手数料 ¥10,800 ¥10,800 ¥10,800 ¥10,800 ¥10,800
【2】法定費用全車共通(非課税)
(3)+(4)+(5)
¥17,020(※沖縄店¥10,810)
(3)自賠責保険(24ヶ月) ¥11,520(※沖縄店¥5,310)
  • 車検切れの場合は25ヶ月¥11,780(※沖縄店¥5,320)
(4)重量税 ¥3,800
  • 平成28年4月1日より13年以上18年未満の車両は4,600円、18年以上の車両は5,000円となります。
(5)印紙税 ¥1,700
車検費用国産車総額(税込)
【1】+【2】
¥45,780~ ¥47,780~ ¥52,780~ ¥108,000~ ¥162,000~
※沖縄店価格 ¥39,570~ ¥41,570~ ¥46,570~ - -

外車

  基本メニュー(柏店・埼玉店・東京多摩ベース除く) 東雲店限定コース
  エココース 基本コース 安心コース ゴールドコース プラチナコース
【3】外車基本整備料合計(税込)
(6)+(7)
- ¥34,800 ¥39,800 - -
(6)点検整備費用 - ¥24,000 ¥29,000 - -
(7)代行手数料 - ¥10,800 ¥10,800 - -
【2】法定費用全車共通(非課税)
(3)+(4)+(5)
¥17,020(※沖縄店¥10,810)
(3)自賠責保険(24ヶ月) ¥11,520(※沖縄店¥5,310)
  • 車検切れの場合は25ヶ月¥11,780(※沖縄店¥5,320)
(4)重量税 ¥3,800
  • 平成28年4月1日より13年以上18年未満の車両は4,600円、18年以上の車両は5,000円となります。
(5)印紙税 ¥1,700
車検費用外車総額(税込)
【3】+【2】
- ¥51,820~ ¥56,820~ - -
※沖縄店価格 - ¥45,610~ ¥50,610~ - -

作業項目

作業項目

  基本メニュー(柏店・埼玉店・東京多摩ベース除く) 東雲店限定コース
  エココース 基本コース 安心コース ゴールドコース プラチナコース
1.法定24ヶ月点検
2.ブレーキ、クラッチレバー清掃・給油  
3.センター&サイドスタンド給油  
4.チェーン清掃・給油  
5.アクセル、クラッチワイヤー給油  
6.ブレーキキャリパーメンテナンス    
7.ホイルシャフトメンテナンス    
8.ハンドリングフルメンテナンスサービス       または9
商品代工賃込

商品代工賃込
9.ブレーキフルメンテナンスサービス       または8
商品代工賃込

商品代工賃込
  • 8.ステムベアリング・アンダーブラケットベアリングの交換、フロントフォークオーバーホール
  • 9.ブレーキキャリパーオーバーホール、ブレーキフルード・ホイールベアリング交換

主な点検項目

エンジンオイル点検
オイル量、汚れチェック

スパークプラグ点検
汚れ、摩耗、具合チェック

  • 一部車両、白金プラグ及びイリジウムプラグ除く

エアクリーナーエレメント点検
汚れ、詰まり、損傷などが無いか目視点検

タイヤ残量点検
タイヤ残量チェック

ホイールベアリング点検
ベアリングのサビ、がたのチェック

  • ホイール脱着は【安心車検項目】となります。

バッテリー点検
テスターにてバッテリー電圧、充電電圧もチェック

チェーン点検
サビ、給油たわみ具合目視などでチェック

フロントフォークオイル漏れ点検
オイル漏れや損傷具合チェック

冷却水ホース漏れ点検
ホース類亀裂、ラジエーター周り損傷チェック

エンジンオイル漏れ点検
エンジン各部オイル漏れチェック

ブレーキフルード点検
フルードの汚れチェック

ブレーキパッド残量点検
ホース類亀裂、ラジエーター周り損傷チェック

  • キャリパー脱着は安心車検項目となります。

ステムベアリング点検
軸受部にがたがないかチェック

各部締付点検
各部ボルト締め付けチェック

冷却水点検
冷却水汚れチェック

灯火類点検
灯火類の作動点灯チェック

音量点検
カスタムマフラーは音量チェック

可動部点検
可動部の作動、給油状態チェック

空気圧点検
エア漏れ、異物、目視チェック

CO・HC濃度点検
専用テスターにて点検

よくあるご質問

車検を受けないとどうなるの?

車検を受けていない車は違反行為となり、公道を走る事は出来ません。

車検に通らない車は?

道路交通法に違反している場合や保安基準に満たない場合は車検が通リません。
例:駐車違反の反則金が未納の場合・タイヤが磨り減って、スリップサインがでている等。
マフラー、ハンドル等を改造し、保安基準に反している。

車検時に必要な書類は?
  • 車検証(自動車検査証、コピーは不可)
  • (旧)自賠責保険証(コピーは不可)
  • 自動車税納税証明書(継続検査用、コピーは不可)
  • 印鑑
法定点検項目はなんですか?

ライコランドグループでは国土交通省に定められている以下の全項目を実施しています。

  • 赤文字の項目は法定12ヶ月点検でも実施いたします。
  • かじ取り装置
    • ハンドルの操作具合
    • フロントフォークの損傷
    • フロントフォークのステアリング・ステムの取付状態
    • フロントフォークのステアリング・ステムの軸受け部のがた
  • 電気装置
    • 点火プラグの状態
    • 点火時期
    • バッテリーのターミナル部の緩み・腐食
    • 電気配線の接続部の緩み・損傷
  • 制動装置(ブレーキ関連)
    • ブレーキ・ペダルの遊び/ブレーキ・レバーの遊び
    • ブレーキの効き具合
    • ロッド・ケーブル類の緩み・がた・損傷
    • ブレーキ・ホースのパイプの漏れ・損傷・取付状態
    • マスター・シリンダー、の確認
      • マスター・シリンダーの液漏れ、機能・摩耗・損傷
      • ディスク・キャリパーの液漏れ、機能・摩耗・損傷
    • ドラムとライニングとのすき間
    • シューの摺動部分・ライニングの摩耗
    • ドラムの摩耗・損傷
    • ディスクとパッドとのすき間
    • パッドの摩耗
    • ディスクの摩耗・損傷
  • 原動機
    • エアークリーナー、エレメントの汚れ・詰まり・損傷
    • 低速と加速の状態
    • 排気ガスの色、CO・HCの濃度
    • エンジン・オイルの漏れ
    • 燃料漏れ
    • 燃料装置のリンク機構の状
    • スロットル・バルブ、チョーク・バルブの動作状態冷却装置の水漏れ
  • 走行装置
    • タイヤの空気圧、亀裂・損傷、溝の深さ・異常な摩耗
    • ホイール・ナット、ホイール・ボルトの緩み
    • フロント・ホイール・ベアリングのがたつき
    • リア・ホイール・ベアリングのがたつき
  • ばい煙・悪臭のあるガス、有害ガス等の発散防止装置
    • ブローバイガス還元装置の配管の損傷
    • 二次空気供給装置の機能
    • 一酸化炭素等発散防止装置の配管の損傷、取付状況
    • エキゾースト・パイプ、マフラーの取付けの緩み・損傷
    • マフラーの機能
    • フレームの緩み・損傷
    • シャーシ各部の給油脂状態
  • 緩衝装置
    • サスペンション・アームの連結部のがたつき
    • サスペンション・アームの損傷
    • ショック・アブソーバーの損傷・油漏れ
  • 日常点検
    • バッテリーの液量
    • 冷却水の量
    • エンジン・オイルの汚れ、量/エンジンのかかり具合、異音
    • ヘッドライト・テールランプ・ウインカーなどの点灯・点具合・汚れ・損傷
    • ブレーキ液の量
  • 動力伝達装置
    • クラッチ・レバーの遊び
    • クラッチの作用
    • トランスミッションの油漏れ、油量
    • プロペラ・シャフト、ドライブ・シャフトの継手部のがた
    • ブーツの亀裂・損傷
    • チェーンの緩み
    • スプロケットの取付状態、損傷
    • ドライブ・ベルトの摩耗・損傷

車検に関する知識

認証工場とは?

  • 人員が自動車整備主任者1名・自動車整備士1名以上の工場です。
  • 指定された作業機器の設備を持ち、基準以上の面積を持った工場です。
  • 言葉の通り陸運局から認証を受けた工場のことです。

お客様

法定点検→整備

点検整備記録簿
その他必要書類

陸運支局

自動車検査証
有効期間の更新

車検証

お客様

法定点検とは?

車検(継続検査)時に行う法定2年点検整備は、二輪車の構造、装置が正常に機能しているかを調べ、その結果保安基準に適合していない場合、部品交換、修理、調整等によって正常に戻すことです。 しかし、定期点検のほかに、バッテリー、ブレーキの液量、タイヤの空気圧、灯火類の点灯などをチェックする日常点検はオーナー様が必ず行っていただかなければなりません。

日常点検とは?

  • タイヤの空気圧、亀裂、損傷、異物、異常な摩耗
  • ブレーキ液の量、ブレーキレバー、ペダルのあそび、きき具合
  • エンジンオイルの量
  • ヘッドランプ、テールランプ、前後左右の方向指示器
  • チェーンの緩み
  • バッテリー液の量
  • 冷却水の量
  • エンジンのかかり具合、異音、低速・加速の状態

点検時期の目安としては、長距離走行前や洗車時、給油時等に実施してください。

陸運支局ではどのような検査をするのか

定期点検を行ったお客様の、二輪車が保安基準に適合しているかを検査します。

同一性の確認 車体番号などの車検証の記載確認
外観検査 二輪車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認
ブレーキ検査 前輪後輪のブレーキの制動力の確認
スピードメーター検査 実測の車速とメーター表示との誤差確認
ヘッドライト検査 ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認
排ガス検査 排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認
音量検査 排気音量確認
総合判定 書類検査と総合判定

ライコランドグループ店舗一覧

各店舗へのお問い合わせ

電話・メールでのお問い合わせが可能です。

お問い合わせ先一覧

ページの終わりになります。