ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文になります。

おすすめ情報

サービス紹介 CR-1ガラスコーティング

V4_thumb.jpg
カスノモーターサイクルでカスタムされたPANIGALE V4

京都では唯一のCR-1マイスタープロショップ カスノモーターサイクル

スタッフの所持車両 レブル250マットアーマードシルバーメタリックにCR-1ガラスコーティングを施工いたしました。

当店では(株)カスノモーターサイクル様に施工を依頼し車両を預かってもらっての作業となります。

カスノモーターサイクル様は近年では世界最大のモーターサイクルショー"EICMA"へ出店されるなど、国内外で非常に高い評価を受けられている老舗のバイクディーラーさんです。

DUCATIやBMW、MV AGUSTAといった海外メーカーのバイクにあわせたカスタムパーツブランド「AELLA」は大人のバイク乗りにはたまらない逸品揃いです。

じゃあ、CR-1はどうなの?

まず、よく市販されているガラス系コーティング剤とは純度が違います。CR-1は純度100%の無機質ガラス。

そしてコーティング膜の厚みが0.1マイクロメートル。この非常に薄い皮膜であっても振動や膨張収縮に強く、ひび割れ・剥がれといったことは起こりません。単体での硬度が2つの試験をクリアする硬さを持っているためです。さらに耐熱温度は1300℃とエンジンやエキパイへも問題なく使用できます。

そんなカスノモーターサイクル様の技術と(株)山城 様セレクトの高品質ガラスコートが一体となったサービス それが

CR-1ガラスコーティングです。

20190710_121916_257.jpg
行程ごとに施工過程をご案内。
レブル250の場合、預かってもらう期間は約1週間~10日程で、車両引き渡し時には入念に車両状態のチェックを行います。あとは、施工作業をお任せし、施工終了まで待つのみです。
「えっ、それだけ?」ってお思いでしょう。
安心してください。
車両受け取りの際にどんな作業を行ったのか写真付きの書面でしっかり提示して頂けますよ。普通なら見えない所ではありますが、お客様が不安に感じる面もカバーしてくれています。
何もしなくていい=完全なフルサービスであるという証です。

そして、車両が戻ってきた時にはこんなものが貰えます。

20190710_121924_768.jpg
施工証明書

施工証明書です。なぜこれが発行されるのかと言いますと、万が一の事故などで保険会社等への請求に使用するため、正式な証明書が発行され、バイクの価値を証明することが出来ます。

自分自身だけが満足できるのももちろんそうですが、バイクに対しての価値があるからこそ必要なわけです。

本物のガラスコーティングだからこそ、バイクのグレードアップになりますし、バイクそのものの価値も1段階上がるのです。

今回施工して頂いたマットカラーのレブル250。タンクなどの塗装部分をパッと見て違いがわかる方は少ないと思います。

しかし、日光が当たるとマットの中にガラスの光の粒がほのかに輝いて見えます。しかし、マットカラーの持ち味は潰さず本来の魅力は損なわないと、非常に良い落としどころの仕上がってますね。フロントフォークは言わずもがなで、ピカピカに輝いています。グロスブラックのフレームも同様です。

そして個人的にリアルにうれしいポイントが、圧倒的な保護性能で洗車にかかる手間の大部分を省くことが出来る!

それも半永久的にですよ。

それがCR-1ガラスコーティングの本質でもある耐久性の凄さであり、純粋なガラスは雨や紫外線により劣化いたしません。

つまり自然環境下では半永久被膜が安定して長く愛車を守り続けてくれます。

本当に大切なバイクだから、長く美しくあって欲しいし、永く楽しみたいですよね。

新車でも中古車でもプロの洗車から施工開始なので、タイミングは選ばないのでこれは本当におすすめ出来ます!

レブル250との付き合いは永くなりそうで、これからも楽しみですね。

20190706_184956.jpgIMG_20190710_123449.jpgIMG_20190710_123620.jpg

過去のインフォメーション

インフォメーショントップ

京都店へのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

ページの終わりになります。